職場で怒鳴った挙句乾燥で喉をやられた羽里間隆信です。

 さて前回は二次創作『ゴジラ対ネオヘドラ』の制作に奮闘しているという話題でした。この作品は1971年に公開された『ゴジラ対ヘドラ』の続編のつもりで制作しています。
 となると何より大切なのは、改めて『ゴジラ対ヘドラ』を見てみること……ですね。本家を知らずして書くのは冒涜というものです。まぁ知らなくても器用に描いちゃう人はいますけどwまぁ改め見てみましょう。
gojirataihedora2
 久しぶりの『ゴジラ対ヘドラ』ですが、やっぱ色んな意味ですごい。

 凄まじいファッションで踊り狂う若者たち
gojirataihedora3
 唐突なアニメーション
gojirataihedora
 空を飛んじゃうゴジラ 
gojirataihedora4
 何を見ても突っ込みと困惑しかない本作を最初に見たのは小学生の時。第一印象は「何これ?」でしたが、今見返してもその印象が変わらないところが地味にすごいなと思います。
 こう書いてしまうと、あたかも『ゴジラ対ヘドラ』に悪い印象を与えてしまいそうですが、不思議と魅了されて最後まで見られちゃうんですね。この要因の一つは、カルト性の強い演出とはいえ、怪獣映画の作り方としては全然間違っていないところだと思います。

 例えば、ヘドラは宇宙の隕石に付着した生物が公害物質を吸収してどんどん大きくなります。これがちゃんと映像として描かれているんですね。二体の小さなオタマジャクシ状のヘドラをシャーレに一緒に入れると、キレイにくっついて大きくなる。この場面がすごく上手でヘドラ巨大化への説得力を上手く出しています。ちなみにこれは中野昭慶曰く、アニメーションで表現したとのこと。動きがあまりにもリアルなオタマジャクシだったので驚きました。
 またヘドラを倒す方法も巨大な電極版を作って乾燥させるというのも分かりやすく、始めに小さなヘドラで実験しているのでこれもかなり説得力がありました。さらに電極版が完成するものの、ゴジラとヘドラの死闘の最中、鉄塔を破壊してしまったことで作戦が頓挫してしまう。ヘドラが電極版に近づくが、回線の修復がなかなかうまく進まない。さぁどうなってしまうのだ!!!!!___って感じで映画内での苦戦や苦難が、緊迫感に増した展開に持っていくのも上手かったように思えます。
gojirataihedora5
 さらにさらに、ヘドラの怪獣としてのスペックの高さも素晴らしい。最初は水中での活動のみだったのがパワーアップして上陸、飛行、最終形態へとドンドン強くなっていってしまう。救助に向かった人達の二次被害が相次ぎ、有毒物質の拡散によって人間が近寄れない区域が出現。挙句の果てに工場の操業停止命令、市街地での自動車の運転が禁止されるという有様に。ここまで日本経済に大打撃を与えた怪獣がかつてあっただろうか?
 ゴジラも人間が作った電極版がないと倒せなかったレベルなので、ある意味東宝怪獣の中で一番強い怪獣はヘドラではないかと私は考えています。

 こんな感じで『ゴジラ対ヘドラ』はカルト性の強い演出から毛嫌いされる方も多いのですが、怪獣映画の構成や説得力、ヘドラの怪獣としてのスペックの高さもあって不思議と嫌いにも苦手にもなれない、時々見たくなる作品になってるんですよね。


 そんなヘドラを現在に蘇らせてみようと、『ゴジラ対ネオヘドラ』の構想がドンドン生まれてきたわけですが、改めて本家ヘドラのカルト性を全面に押し出した作品は作れそうもないと思いました。あれはやはり坂野感性でしか描けないでしょう。仮にやっても本家の焼き回しにしかならないので、ヘドラの続編ではあるものの自分らしさをちょっと出した内容にしようと決めました。


 ではここでネオヘドラのご紹介。ネオヘドラは前回倒されたヘドラの生き残り。
 前回の戦いでヘドラは殲滅されたかのように見えましたが、プラスチック製品などの自然分解が不可能なゴミに生き残りが取り付いて長らく休眠状態にあっただけでした。ある日、井浜原子力発電所で放射性廃棄物が河川に流入する事件が発生。それによりヘドラは再び活動を開始、今度はかつての有毒物質に加えて放射能を保有し、まき散らすネオヘドラとして復活したのです。
 但し、弱点は以前同様乾燥。しかしネオヘドラは体中に放射能を帯びているため、乾燥させて死滅させたとしても粉末状のヘドラの残骸が風に乗って飛ばされてしまい、放射能汚染の区域を拡大させてしまう危険性があるのです。そのため人類もゴジラも打つ手がありません。

 こんなやっかいな設定にしてしまったため、今一番大変なのが「どうやってヘドラを倒すのか」です。これも色々情報を集めながら考えていきたいと思っています。ある意味、私もヘドラとの戦いの火ぶたが切って落とされたといったところでしょうか。


 最後に『ゴジラ対ネオヘドラ』の大まかなあらすじを書いて終わりにしようと思います。
IMG_3257
●ゴジラ対ネオヘドラ●
 ある日、太平洋上でタンカーを中心とした大型船舶の遭難事件が相次いだ。調査は難航したが、一隻沈没を免れた船舶が発見。自衛官:川瀬広志は調査に向かうと、船内は多量の放射能が検出され、生存者はなく被害を受けた船員は”被爆”に近い状態で死亡していた。
 この調査結果を川瀬は城南大学教授矢野研教授のもとへと送った。すると矢野教授は「新たな新型怪獣か、かつて出現したヘドラの強化版」と予想。いずれにしても巨大生物の襲撃であることは間違いなく、直ちに対策本部が設置された。その中で学者間で有力となったのは、同じく放射能の影響を受けているゴジラの仕業ではないかという見解であった。だが矢野教授は「人類のためにヘドラと戦ったゴジラが人間を襲うことは考えられない」と意見するが、昭和四十六年にヘドラは死んでいることもあり、ゴジラの仕業との説が濃厚となった。
 その頃、かつてヘドラと戦ったゴジラは怪獣ランドで子ゴジラ(元ミニラ)と共に穏やかな余生を送っていた。その日常の陰で対策本部は船舶遭難事件の犯人をゴジラと断定し、居住区となっている怪獣ランドを攻撃して葬る「怪獣ランド抹消計画」を立てていた。ついに計画は決行され、怪獣ランドは無数の艦砲射撃と戦闘機による攻撃を受けた。結果、二体のゴジラは行方不明になるが、死亡し、解決したと処理されてしまう。矢野教授は計画を止められなかった自分の無力さにやり場のない怒りにさなまれるのであった。
 しかし数日後、静岡県のとある集落が無数の怪獣に襲撃されて壊滅する事件が発生する。生存者はなく、全員”被爆”に近い形で死亡していた。川瀬はこの事件の調査中に発見したスマートフォンからオタマジャクシ状の生物が映し出されているのを見つけるのである。
IMG_3259




 では失敬………

●スクリーンショット引用作品
・坂野義光監督作品『ゴジラ対ヘドラ』

 世の中バカが多くて疲れません?羽里間隆信です。

 前回は新しく描いている作品『おおかみとあかずきん』について色々お話しましたが、今日は予告した通り二次創作『ゴジラ対ネオヘドラ』の話題です。
98f347a12c2fb12e
(こちらは元の『ゴジラ対ヘドラ』のポスター)


 考えてみると私ってあれだけ怪獣や特撮が好きなのに、大学二回生以降本格的にマンガを描くようになってから一度も怪獣もののマンガを描いたことがないんですよね。二次創作なんて『ヒミツのここたま』くらいしか描いてないもんなぁ。特撮系は思い入れが強すぎて逆に描けなくなっているのかもしれません。

 きっかけはある日、Twitterで仲良くしているお友達がゴジラの二次創作を始めると聞いた時のこと。ある方はゴジラを始め、たくさんの怪獣たちが登場するにぎやかな作品。ある方は2001年に公開された『ゴジラモスラキングギドラ大怪獣総攻撃』の続編を書くとのお話を聞きました。そんな知り合いの熱心さにすぐ感化されちゃうのが私です。
 ふと頭にとある話題を思い出しました。『ゴジラ対ヘドラ』の監督を務めた坂野義光さんが、福島原発の事故をテーマに『ゴジラ対ヘドラⅡ』の構想を練っているという話です。残念ながら坂野監督が亡くなったため映像化には至りませんでしたが、思えば『ゴジラ対ヘドラ』って変な魅力のある映画だったよなぁと。これが「自分が続編を描くとしたらどんな作品になるだろう」に変わり、何となく大まかなあらすじを書いたら驚くほど筆が進みまして………ラストバトルが始まるまで一気に書き上げちゃったんですね。
 せっかく浮かんだし、(自分にとって)つまらない話にはならないと判断したので『ゴジラ対ネオヘドラ』と題して何らかの形にしてみようと思った感じです。

 さぁ気合を入れて!!!




 いきなり頓挫してしまいましたw

 まず怪獣などの作品はスケールが大きくなってしまいます。実際書いたあらすじも30~50ページでどうにかなる分量ではないので、マンガにするとこりゃ相当な負担になるなぁと。しかも私は怪獣のイラストがかなり苦手wwwてめぇホントに特撮好きなのかと突っ込まれそうですが、苦手なもんは苦手なんだよwww!!!
 以前に一度だけヘドラを描いたことがあるのですが、それがこちら
IMG_20181017_0001
 正直これが精一杯なんだよね。しかもかなり疲れた。

 では小説や脚本ではどうか………やはり画を描きたい欲求がムォンムォンwww



 我ながら面倒くさい性格だww歯を喰い縛ってマンガを描けよって思うw
 そんでもって私が最終的に出した結論がこちら
IMG_3253
 ノートに書く!!!!
 シナリオ形式で文章を書きながら、描きたいイラストを挟む。
IMG_3254
 これなら何とかイケそうだ。とりあえず何事も完成させることが何よりも大事だと考えているので、イケそうな手段が見つかって良かった良かった。


 ところがどっこい課題はまだまだ山積み!こことか!!
IMG_3255
IMG_3256
 今回のヘドラはかつての有害物質に加え、事故によって流出した放射能を吸収。有毒物質と放射能を兼ね備えたとんでもないバケモノ:ネオヘドラにパワーアップしています。にもかかわらず、私は原子力発電所の事故や放射能に関して、物語内で使えるほどの知識量を持っていません。それどころか、海上保安庁や自衛隊のしくみや装備、緊急時の対応なども全く知らない。これらを熟知しないとこの作品は完成しません。とりあえず今はこのノート形式の作品を完成させるため、不明点はこのように伏字にしたり創造で補う形にして対処しています。やっぱり生半可な気持ちでこのテーマは描けないよ。

 とりあえず今はこちらのノート版を完成させることが目標ですね。その後に調べ物や取材(必要かもなぁ)を進めて、完全版を描き上げようと現時点では考えています。

 まぁどっちにしても長い戦いになりそうです…………


 せっかくだから物語も………
 …………と思ったのですが長々書いちゃったのでまたの機会にしたいと思います。

 


 では失敬………

●画像引用
・映画com:https://eiga.com/movie/36491/photo/

  水曜日のブログ更新をつい忘れてしまった挙句、ツイキャスでうっかり本名を口にしてしまった羽里間隆信です。書く時は考えるけど、しゃべると思考が停止しちゃうから本当に気をつけないとダメですね。

 最近、仕事も創作も映画鑑賞も忙しくて思うようにブログを書く時間が取れなくなってきて大変。しかもこんな状況下で新しいマンガやシナリオを描こうとしたり、外から映画を借りてきたりするからもぅカオス極まりないですよね。毎回大変な目に遭うのに学習しないのか、色んなことをやりたがるから困ったものです。

 生活がどう変わっても、日頃から力を入れているのは創作活動でしょうか。
 今は新しいオリジナルマンガを一作。二次創作のシナリオが一作。描こうかどうか悩んでいるマンガが一作と合計三作品体制で取り組んでいます。

 今回はその中のオリジナルマンガ『おおかみとあかずきん』の紹介をしようと思います。
 IMG_20181001_0001
 物語は、勇敢で力持ちの狼たちが住む”おおかみの森”と優しく上品な赤ずきんたちが住む”あかずきんの町”が隣接した二つの地域が舞台になります。
 こちらが大まかな地図
IMG_20181012_0001
 コラ!そこ!雑とか言わない!!!!
 こちらの設定地図に描かれているように、狼と赤ずきんは対等な立場でそれぞれ平和に暮らしています………が価値観の違いでなんとな~くギクシャクした関係にありました。

 そんな環境で住んでいる、とある狼の男の子と赤ずきんの女の子がこの物語の主人公です。

 まずは狼の子・ウルル(イラスト右から二番目)
IMG_20181012_0002
 ウルルは勇敢で力持ちの狼……ではなく木陰や図書館で本を読むのが大好きで、他の小動物たちとお話をしたりする優しい心の持ち主。だけど、その気の弱さからいつも学校でいじめられ、父親から叱咤されてしています。何となく肩身の狭い思いをしながら過ごしていますが、自分なりにのんびりと過ごしているようです。
 今日もウルルはいつものようにのんびり木陰で読書。次男のバフ(左)と三男のギン(左から二番目)は、ウルルのことは気にせずボールで遊んでいます。ただ長男のガブ(右)は、気弱で他の子のように運動をして遊ばないウルルが何となく気がかりなようです。


 次に赤ずきんの子:らいむ(イラスト真ん中)
IMG_20181012_0003
 らいむは優しく上品な赤ずきん………ではなく、元気いっぱいで運動が大好きな女の子。誰よりも正義感が強く、特に「自分より弱い者をいじめている」のを見ると放ってはおけない性分。ところがどっこい、規律やマナーが大嫌いで穏やかに事を運ぶことがとにかく苦手。しかも口よりも先に手が出てしまうものだから、いつもこんな取っ組み合いの喧嘩になってしまいます。
 今回はらいむの友達:のんこ(左)の灰色の体と垂れた耳をからかった同級生:あり(右)と大喧嘩。悪いのはありですが、らいむは思わず手を出してしまい、一気に修羅場になってしまいました。この後、先生の大目玉を食らうことになります。

IMG_20181007_0001
 こんな”狼として”、”赤ずきんとして”は何となくズレている二人が出会い、色々な騒動や日常を過ごすという物語になります。


 設定もある程度組んだので後はマンガにするだけ。なのですが、意外に筆が進まなくて大変困ってしまいました。出だしの第一話がなかなか難しく、三パターンくらいシナリオを書いたけど、ちっとも面白くない。今までは短編が中心だったので、今回のように何話か書いていくのを前提にしたのは慣れていないんですよね。

 ただこのまま頓挫したままにするのは嫌なので、しばらくはカラーイラストやらなんやらを描いて、この子たちを育てていこうかなと考えています。
 作品は随時PixivやTwitterで公開していくので、新しく頑張る彼らをぜひ応援してください。





 さて次回はもう一つの二次創作を紹介したいと思います。
 タイトルは『ゴジラ対ネオヘドラ』

 
 お楽しみに~~~♪♪
 では失敬………


Pixivはこちら・https://www.pixiv.net/member.php?id=9737684
Twitterはこちら・https://twitter.com/harimatakanobu

↑このページのトップヘ